横断歩道は歩行者最優先です

[2018年3月12日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

歩行者が被害に遭う交通死亡事故が多発しています

岐阜県における平成30年の交通事故死者数は2月27日現在で18人に上り、前年と比較して1ヶ月以上早いペースで交通死亡事故が発生しています。この交通事故死者数18人中7人が道路横断中の歩行者の被害となっています。

現在、警察、県及び市町村で「横断歩道は歩行者最優先」を合言葉に啓発を行っています。

横断歩道は歩行者最優先です

JAFが実施した信号機のない横断歩道における歩行者優先についての実態調査では、歩行者が横断歩道を渡ろうとしている場面で9割以上の車両が一時停止をしないという結果が出ています。

道路交通法では「車両等は横断歩道を横断しようとする歩行者等があるときは横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない」と定められています。

横断歩道に接近するときは、歩行者の有無を確認し、横断歩道を渡ろうとする歩行者がいるときは、横断歩道の前で停止しましょう。

「信号機のない横断歩道」でクルマは依然として止まらない 一時停止率は8.5% (JAFニュース)(別ウインドウで開く)

らぴぃ通信 第13号(岐阜県警察本部)

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

羽島市役所市民部生活交通安全課

電話: 058-392-1163 ファックス: 058-391-2161

お問い合わせフォーム


横断歩道は歩行者最優先ですへの別ルート