給水管の誤接合について

[2017年10月11日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

給水管の誤接合について

 羽島市正木町地内の新築されたアパートで、宅地に引込まれた給水管が本来接続されるべき上水道管ではなく農業用水管に誤接合されていたことが判明しました。ご迷惑をおかけしました上水道利用者の方々にお詫びを申し上げますとともに、再発防止に努めてまいりたいと考えております。

 

1 概要

 10月2日(月)午後11時頃、羽島市正木町地内の新築アパート入居者より「水道が利用できなくなった」旨の通報があり、翌3日(火)に掘削調査を実施した結果、給水管が農業用水管に接続されていたことが判明しました。直ちに給水管を上水道配水管に接続し、塩素確認の後、上水道配水管から給水を開始しました。10月4日(水)には、農業用水を採水し水質検査機関において水質検査を実施しました。

2 経過

 9月14日(木)給水工事の完成(アパート側発注で水道業者が実施)

 9月19日(火)職員による給水工事検査を実施(塩素反応あり※)

 9月29日(金)使用開始

 ※上水道事業では一定以上の塩素を保持するように水道法で定められており、給水工事検査時には塩素量の確認を行っています。

3 水質検査の結果

 塩素反応はあり、上水道よりも塩素濃度が高いことなどから上水道管との誤接続の可能性は低いとの報告でした。そのため、この内容について農業用水管の管理者に調査結果を報告しました。

4 今後の対応

 現在羽島市水道課におきましては、誤接合など周辺住民に聞き取り調査を行い情報収集しておりますが、地下埋設物が錯そうしている地区においては、配水管の位置及び他の埋設管の有無を調査し、施工マニュアルなどを作成して再発防止に努めます。

 

お問い合わせ

羽島市役所水道部水道課

電話: 058-392-9960 ファックス: 058-392-2863

お問い合わせフォーム


給水管の誤接合についてへの別ルート