消防・防災コラム「自分ごと」 Vol.7「避難所」

[2017年10月1日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

竹鼻小学校避難所運営懇話会会長 小森博昭

竹鼻小学校避難所運営懇話会会長 小森博昭


 大きく揺れる高層ビル、帰宅困難者でごった返す大都会。私は東北地方太平洋沖地震を東京駅前で経験し、防災に対する意識が一変しました。
 大きな地震が発生し、家屋が損壊した場合、避難所での滞在となります。滞在が長期にわたる可能性もあることから、避難所の運営について事前に話し合い、訓練を重ねておくことがたいせつです。
 避難所において配慮が必要なのは、更衣室、トイレ、衛生用品など、女性への視点です。竹鼻小学校避難所運営懇話会では、女性の意見を尊重しながら運営組織を立ち上げ、体育館での実践訓練を目指しています。
 無論、災害時においても、自分の生活は自分で守るという在宅避難への取り組みも重要です。住宅の耐震化、家具の転倒防止、ガラスの飛散防止、飲料水や非常食の備蓄などの対策です。
 「明日は我が身」。早速行動を起こしましょう。


消防・防災コラム「自分ごと」 Vol.7「避難所」への別ルート