特定外来生物「ヒアリ」に関するお知らせ

[2017年8月29日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

ヒアリ(特定外来生物)に、ご注意を!

 環境省は、平成29年6月13日に、「神戸港を中継したコンテナから、強い毒をもつ南米原産の特定外来生物 ” ヒアリ ” が日本国内で見つかった。」と、発表しました。

 また、7月6日には、港から離れた内陸部では初となる「ヒアリ」が愛知県春日井市内のコンテナ倉庫で発見されています。

 

 ヒアリは、赤茶色の小型アリで、腹部は黒っぽい赤色。体長.2.5~6mmとバラつきがあり、刺されると火傷(やけど)のような激しい痛みが生じ、毒性が強く刺されるとアレルギー反応により死に至ることもあります。

 人体へ影響等を及ぼすことから、外来生物法により「特定外来生物」に指定されています。

もし、「ヒアリ」を見つけたら

「絶対に、素手で触らないようにしてください!」

 ヒアリを見つけた場合は、環境省の出先機関である中部地方環境事務所(愛知県名古屋市)に、通報してください。

中部地方環境事務所 TEL 052-955-2130 FAX 052-951-8889

ヒアリに刺されたら!

 ヒアリの毒への反応は人によって大きく異なります。刺されたときには安静にし、急激に容態が変化する場合は速やかに最寄りの医療機関を受診してください。

 詳しくは、下記の資料「ストップ・ザ・ヒアリ」を参考にしてください。

ヒアリに関する最新情報について

詳しくは、環境省ホームページ(別ウインドウで開く)で、ご確認ください。

お問い合わせ

消防本部 救急指令課
電話: 058-392-2601(代表) ファックス: 058-393-0552