総合事業に係る訪問型サービスA従事者養成研修の開催について

[2017年3月21日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

総合事業に係る訪問型サービスA従事者養成研修の開催について

 介護保険制度改正により、全国一律の予防給付として提供されていた介護予防訪問介護及び介護予防通所介護が、市町村が地域の実情に応じて実施できる「介護予防・日常生活支援総合事業」に移行することとなりました。
 羽島市では、平成29年4月から開始する総合事業において、本市独自の基準によるサービスである「訪問型サービスA」を新たに実施します。
 「訪問型サービスA」は要支援者等に対して調理や掃除、買い物代行等に限定した生活援助(身体に触れる介護は不可)を行うもので、従来サービスを提供していた有資格者の方や研修により一定の技術や知識を習得した方が、ご家庭を訪問して支援するものです。
 この度、「訪問型サービスA]に従事される方を養成する研修を実施します。
 介護の仕事に関心のある方、退職して今は何もしていないがご自身の力を活かしたい方など、新たに介護事業所で担い手としてご活躍いただける方の受講をお待ちしています。


◆研修スケジュール◆
研修日時:平成29年3月29日(水) 午前9時30分~午後3時40分   (予定)
             3月30日(木) 午前9時30分~午後2時30分 (予定)

研修場所:羽島市役所 北庁舎第2会議室

※2日間通してのカリキュラムであるため、2日間とも参加が可能な方に限ります。

◆対象者◆
羽島市において平成29年4月から実施する介護予防・日常生活支援総合事業のうち、「訪問型サービスA」に従事する意思のある方で上記の2日間ともに参加可能な方


※羽島市に在住・在勤されている方は研修を受講していただけます。(介護事業所に勤務されていない方も受講できます)
※すでに訪問介護員の資格を有する方(介護福祉士、介護職員初任者研修等修了者)は「訪問型サービスA」に従事することが可能なため、この研修を受ける必要はありません。


◆費用◆  
1,404円(テキスト代実費相当分)


◆内容◆
 介護保険制度について、高齢者及びその他の心身の特性や暮らしについて、認知症の理解、生活支援のための知識と技術についてなど(別紙カリキュラム)


◆定員◆  
10名程度(先着順)


◆持ち物◆  
筆記用具、昼食、テキスト代


◆申し込み先◆

羽島市役所高齢福祉課
電話:058-392-1111

高齢福祉課へ電話、または窓口で受付

申込締切:平成29年3月27日(月)


◆その他◆
本研修の全日程を終了された方には、これを証するものとして修了証書を交付いたします。
修了証書は、訪問型サービスAに従事する際に必須となるものです。
ただし、市が就労を確約するものではありません。


研修チラシ・研修カリキュラム

Adobe Reader の入手
PDFファイルの閲覧には Adobe Reader が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe 社のサイトから Adobe Reader をダウンロード(無償)してください。

お問い合わせ

羽島市役所健幸福祉部高齢福祉課

電話: 058-392-9932 ファックス: 058-394-0025

お問い合わせフォーム


総合事業に係る訪問型サービスA従事者養成研修の開催についてへの別ルート