レスキュークロス羽島 ~応急手当の普及啓発を目指して~

[2018年3月9日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

レスキュークロス羽島とは?

 レスキュークロス羽島(RCH)は、平成14年に応急手当普及を図り、広く地域に貢献することを目的として設立されました。現在は、30~70代までの応急手当普及員認定者及び応急手当指導員認定者等が所属しており、心肺蘇生法や自動体外式除細動器(AED)の使用方法などを指導してます。

 

活動内容


①消防本部が開催する各種救急法講習会で、心肺蘇生法や自動体外式除細動器(AED)の使い方などを受講者に指導
・会員各々が参加可能な講習会を事前に選び、無理の無い範囲で参加しています。

②地域の防災訓練や小・中学校の行事への参加
・市や地域の防災訓練、小・中学校での救急法講習会等へ参加しています。

③定例会を開催
・月に一度、定例会を開催して知識・技術の向上に努めています。

会長から一言

 『救命の連鎖』という言葉があります。これは[心停止の予防]・[心停止の早期発見と通報]・[心肺蘇生法とAEDの使用]・[救急隊や医師の薬や器具を使用した処置と集中治療]の四つの輪が途切れることなくすばやくつながることで、救命効果が高まることを表しています。そして、一つでも欠けると救命のバトンをつなぐことは困難となってしまいます。

 

会員から一言

 一人でも多くの人に身に付けてほしいと思い「一世帯一名以上の修了者」を目指して指導をしています。現在会員は34人ですが、「大切な命を救いたい!」と思う心を持つボランティア精神のある仲間を広く募集しています。

登録の資格

 原則として市内に在住若しくは在勤・在学する者で、次の各号の一つに該当するものとします。但し、本会目的に賛同する者であれば、この限りではありません。

一 消防機関がおこなう普通救命講習会修了者、上級救命講習会修了者又は応急手当普及員認定者

二 日本赤十字救急員取得者

三 前号に揚げる資格と同等以上の知識があると認めるもの

お問い合わせ

羽島市役所消防本部救急指令課

電話: 058-392-2601(代表) ファックス: 058-393-0552

お問い合わせフォーム


レスキュークロス羽島 ~応急手当の普及啓発を目指して~への別ルート