元気な羽島応援寄附金(ふるさと納税)

[2016年11月25日]

ソーシャルサイトへのリンクは別ウィンドウで開きます

年末年始にお申込みを検討されている方へ(お願い)

「元気な羽島応援寄附金(ふるさと納税)」のお申込みは、12月初旬から年末にかけて集中します。

そのため、その期間のお申込みについては、受付事務(お問い合わせを含みます。)に通常よりお時間をいただく場合もございますので、ご理解とご協力をお願いします。

なお、お申込み時に、色選択や、日にち指定があるものにつきましては、メッセージ欄にご記入いただきますようお願いいたします。

 

【ご注意ください】

・特産品の中には「11月30日(水曜日)までのお申込み→年内(12月中)発送」、「12月以降のお申込み→翌月の15日以降発送」となる品物(例:飛騨牛などの肉類)もあります。

お申込みの際にはご注意ください。

・規定外の配送日のご指定についてはお受けできませんので、予めご了承ください。

年末年始におけるお問い合わせについて

平成28年12月29日(木曜日)から平成29年1月3日(火曜日)まで、羽島市役所は閉庁します。この間のお問い合わせにつきましては、直ちに回答ができない場合がございますので、ご了承ください。

年内の寄附としてお取り扱いができる期日について

いずれの決済方法においても、平成28年分の確定申告用の寄附金受領証明書を発行するためには、金融機関等の平成28年最終営業日までに払込み、手続きを完了していただく必要があります。
年末年始の事務手続きについて
決済方法お手続きの期日入金の期日備考(領収書の取扱い等)
クレジットカード決済平成28年12月31日(土曜日)平成28年12月31日(土曜日)申請の際のカード決済日(利用日)が領収日となります。
コンビニ決済平成28年12月31日(土曜日)平成28年12月31日(土曜日)コンビニ端末(店頭)でのお支払い日が領収日となりますが、決済情報の送受信に時間がかかることがございますので、お早めにご入金をお願いします。
Pay-easy(ペイジー)平成28年12月31日(土曜日)までお手続きいただけますが、払込日が年明けの営業日となる場合がございますので、ご利用される金融機関にあらかじめご確認ください。

納付書・払込票(郵便振替)払

申請書を平成28年12月19日(月曜日)必着でメール・郵便・FAXにて提出。又は、ふるさと納税ポータルサイトで申込。平成28年12月30日(金曜日)納入通知書兼領収書又は振替払込請求書兼受領証に金融機関が押印した日が領収日となります。
納付書・払込票(郵便振替)などをご利用の方は、納付書等の送付に数日かかりますので、なるべく平成28年12月22(木)までにお申込みください。それ以降のお申込みの場合も、随時納付書等を発送いたします。(平成28年12月28日(水)以降にお申込みの場合は、年内にお届けできない可能性がありますので、あらかじめご了承ください。)

「ふるさと納税ワンストップ特例申請制度」を申請される方は、お早めのお申込みをお願いします。

 本市から「申告特例申請書」が届きましたら、平成29年1月10日(火曜日)必着で本市までご郵送ください。

 なお、平成28年12月16日(金曜日)以降にクレジットカードでご寄附いただき「ふるさと納税ワンストップ特例制度」を申請される方は、お手数ですが、下記から「申告特例申請書」をダウンロードのうえ、本市までご郵送ください。

「申告特例申請書」につきましては、ご寄附いただいた方の各住所地の自治体へ、平成29年1月上旬までに羽島市から手続きをする必要がありますので、お早めのご郵送をお願いします。

郵送先 

〒501-6292 岐阜県羽島市竹鼻町55番地  「羽島市役所 総務部 管財課」 宛

お知らせ

お礼の品は120品をこえ、豊富な品数よりお選びいただけます。また、ふるさとチョイスからのクレジット(ヤフー公金)支払いも可能になりましたのでご利用ください。

平成28年にワンストップ特例申請をご利用の方は、マイナンバー制度にともない、マイナンバーの記入や関係書類の郵送が必要になりましたのでご注意ください。

詳しくは「平成28年 ふるさと納税ワンストップ特例制度について」をご覧ください。

 

 

「心安らぐ 幸せ実感都市 はしま」の実現に向け羽島市への応援をお願いします!

羽島市では、市にご縁のある皆さんから応援いただいた「元気な羽島応援寄附金」により、市民の皆さんと「心安らぐ 幸せ実感都市 はしまの実現をめざします。

皆さんのご支援をお願いいたします。

羽島市外に在住する方で1万円以上ご寄附いただいた方には、特産品をお送りいたします。ご寄附いただきました金額に応じ特産品をお選びいただけます。寄附回数及び特産品の贈呈回数に制限はございません。また、特産品を別住所へ発送する事も可能です。クレジットカード、コンビニエンスストア、Pay-easyでのご寄附の場合は、1万円を1ポイントとしてポイントに応じた商品をお選びください。


 元気な羽島応援寄附金(ふるさと納税)特産品リスト(別ウインドウで開く)



生まれ育った ふるさと はしま

同級生のいる ふるさと はしま

両親の暮らす ふるさと はしま


思い出の地 はしま
懐かしい人がいる はしま
お世話になった人がいる はしま



元気な羽島が もっと元気になるよう 

応援をお願いします。

寄附金の使いみち

 

寄附金を下表のどの施策に役立てたいのか、ご自身で自由に選んでいただくことができます。

皆さんからいただいた寄附金は、ご指定の施策実現のために大切に使わせていただきます。

心安らぐ 幸せ実感都市 はしま を実現するための5つの基本目標と目標を支える「計画の実現に向けて」
基本目標 取り組み

施策

 Ⅰ

教育・文化   ~次世代を育むまち~

未来を担う子どもを安心して産み育てることができるように、子育て支援の充実を図るとともに、家庭、地域、学校及び企業等が連携しながら、確かな学力の定着や豊かな心と創造性を育む教育を推進します。

また、市民の主体的な学習や活動を促し、その成果を地域社会に活かすことができる生涯学習・生涯スポーツ社会をめざします。 

加えて、地域に根づく伝統芸能や歴史、文化などを再認識し、地域に誇りを持てるよう学習環境の充実に努めます。

1.子育て
2.学校教育
3.地域教育
4.生涯学習
5.生涯スポーツ                      6.国際交流

 Ⅱ福祉・健康・医療  ~共に支え健やかに暮らすまち~

生涯にわたって住み慣れた地域で暮らすことができるよう福祉サービスの充実を図るとともに、市民の主体的な取り組みや地域で活動する様々な担い手による支え合いを推進し、自助、共助、公助のバランスのとれた福祉のまちづくりを進めます。

また、だれもが活き活きと健やかに暮らすことができるよう、健康づくりや保健、医療サービスの充実に努めます。

7.地域福祉
8.高齢者福祉
9.障がい者福祉
10.社会保障
11.健康づくり
12.地域医療
 Ⅲ産業        ~個性と活力にあふれるまち~

広域交通条件に恵まれた本市の立地特性を活かし、企業誘致を進め、雇用の場の確保を図ります。また、本市が有する自然や歴史・文化資源を活用し、交流人口の増加をめざします。

さらに、既存産業の高度化やブランド化の推進、新たな経営形態への転換等競争力の強化に向けた支援に努めます。

13.農業
14.工業
15.商業                        16.企業誘致
17.観光・交流
 Ⅳ

市民生活・環境  ~安心・安全、環境にやさしいまち~

 市民の生命や財産を守り、安心して生活できるよう、防災・減災対策、防犯や交通安全対策の充実を図ります。

 また、地球環境保全の視点で求められる低炭素社会や循環型社会の実現のため、ごみの減量化や再資源化の推進、自然エネルギーの活用、リサイクル製品購入促進等に取り組み、環境への負担が少ないまちをめざします。

18.防災
19.治水
20.消防
21.交通安全・防犯
22.環境保全
23.ごみ・し尿処理
 Ⅴ都市基盤      ~便利で快適なまち~

誰もが生活しやすい快適な居住環境を形成するため、計画的に上下水道や道路など都市基盤の整備を進めるとともに、公共交通機関の利便性の向上に努めます。

また、老朽化する社会資本の長寿命化を図るため、適切な維持管理に努めます。

24.道路                 25.公共交通                            26.公園                27.上水道                        28.下水道

 計画の実現に向けて

計画の実現に向けて、市民や企業、各種団体などと行政がまちづくりの目標を共有し、市民が市政に参画する機会の拡充に努めます。また、全ての市民が男女の固定的役割の観念にとらわれず、それぞれの能力を発揮できる社会づくりを進めます。効率的な行財政運営のため、一層の行財政改革に取り組むとともに、市民に対する説明責任を果たすよう情報公開を進め、市民の声が反映される行政経営をめざします。

29.市民協働
30.男女共同参画
31.開かれた行政
32.行財政運営         33.広域行政

元気な羽島応援寄附金(ふるさと納税)の申込方法

1 クレジットカード、コンビニエンスストア、Pay-easy(インターネットバンキング)による寄附

インターネットを利用して、いつでもどこでも、ご寄附に必要な申込みと納付の手続きを1度にすべて完了することができます。

下記のリンク先から手続きができます。

「元気な羽島応援寄附金」寄附手続開始(別ウインドウで開く)(クレジットカード、コンビニエンスストア、Pay-easy(インターネットバンキング))

ふるさとチョイス(別ウインドウで開く)(クレジット支払いのみ)

2 現金、金融機関窓口、市役所窓口で寄附

■ 申込方法

⑴ ふるさとチョイスの申込みフォームにより申込みしていただく方法

⑵ 申込書を直接提出していただく方法

「元気な羽島応援寄附金申込書」に必要事項を記入の上、市役所へ持参、メール・ファックスまたは郵送による申込み

宛先:羽島市総務部管財課

件名:元気な羽島応援寄附金

住所:〒501-6292 岐阜県羽島市竹鼻町55番地

電話:058-392-1119

ファックス:058-392-1152

メール:kanzai@city.hashima.lg.jp

■ 納付方法

⑴ 納付書による納付

羽島市から納付書を送付させていただきますので、次の金融機関で納付願います。納付時に「領収書」が受け取れます。

なお、手数料は掛かりません。

 

金融機関

大垣共立銀行・十六銀行・岐阜信用金庫・岐阜商工信用組合・ぎふ農業協同組合・尾西信用金庫・大垣西濃信用金庫・三菱東京UFJ銀行・みずほ銀行・三井住友銀行・りそな銀行

上記金融機関の本支店

⑵ 口座振込による納付

羽島市から振込口座等の情報を郵送により通知させていただきます。振込手数料はご負担願います。

入金確認後、羽島市から「領収書」を送付させていただきます。

⑶ 現金書留による郵送

現金書留封筒を利用し、担当課まで郵送してください。申し訳ありませんが郵送料等はご負担願います。

入金確認後、羽島市から「領収書」を送付させていただきます。

⑷ 市役所(会計課)へ持参

羽島市役所へお立ち寄りになられた際に、会計課(市役所本庁舎2階)まで持参願います。

会計課で「領収書」をお渡しします。

⑸ 郵便局(ゆうちょ銀行)での払込票による払込み

羽島市から払込票を送付させていただきますので、郵便局で払込み願います。払込時に「受領証」が受け取れます。払込手数料はかかりません。

※ご注意

羽島市は皆様からの「元気な羽島応援寄附金」をお受けするにあたり、申込書のご提出のない方に払込案内を行うことはありません。

寄附の強要や詐欺行為には十分ご注意願います。

 

課税関係

税金の控除について

寄附をしていただいた方が、個人住民税・所得税の控除を受けるには申告をしていただく必要があります。申告には羽島市発行の「領収書」が必要となりますので、それまでは必ず保存しておいてください。

ふるさと納税など個人住民税の寄附金税制(総務省ホームページへ)

平成28年 ふるさと納税ワンストップ特例制度について

平成27年4月1日から「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が創設されました。

この制度は、確定申告の不要な給与所得者等がふるさと納税を行う際、個人住民税が課税されている自治体に対し、寄附先の自治体が寄附者に代わって寄附控除の申請を行う制度です。

この制度を利用できる方は、以下の2つの要件に該当する方のみになります。

1. 給与所得者等で確定申告を行う必要がない方(医療控除などの各種控除、株式などの所得を申請する方は対象外)

2. 平成28年1月1日~12月31日までに行うふるさと納税の寄附先が5自治体以下の方。

 羽島市では「ワンストップ特例制度」に必要な「申告特例申請書」の送付を、「市に要請する」とご連絡いただいた方にご案内しております。ご記入、ご捺印の上、必要資料とともに、下記に郵送してください。

郵送先 〒501-6292 岐阜県羽島市竹鼻町55番地 羽島市役所 総務部 管財課 宛

・申請用紙は、こちらからダウンロードしていただくこともできます。

《必ずお読み下さい》

平成28年より、個人番号の記載が必要です。また、個人番号の番号確認・身元確認のため下記の関係書類が必要になります。申告特例申請書とともに郵送してください。
関係書類について
       個人番号確認の書類         本人確認の書類
①個人カードを持っている場合個人カードの裏のコピー個人カードの表のコピー
②通知カードを持っている場合通知カードのコピー運転免許証、パスポート、公的医療保険の被保険者証等のいずれか1つのコピー
③個人カードも通知カードも持っていない場合個人番号が記載された住民票のコピー運転免許証、パスポート、公的医療保険の被保険者証等のいずれか1つのコピー

 転居による住所変更等申請書の内容に変更があった場合は、ふるさと納税を行った翌年の1月10までに変更届出書を郵送してください。(当日消印有効)

また、医療費控除等で確定申告を行う事になり、申告特例申請が不要になった場合は羽島市にご連絡ください。

ふるさと納税の申告手続きについて

 確定申告は、例年2月中旬から3月中旬にかけて、住所地を管轄する税務署で行っていただく必要があります。

・確定申告書の作成は、下記をご利用いただくのが便利です。

国税庁ホームページ「確定申告書等作成コーナー」 

画面の案内にしたがって金額などを入力することで、確定申告書が簡単に作成でき、印刷すればそのまま税務署に提出できます。申告書には、寄附金納付の際に交付された「納入通知書(納付書)兼領収証書」または「寄附金受領証明書」を添付してください。


・確定申告書作成の記入例などは、こちらを参考にしてください。
「確定申告書の記入例(A様式)」(総務省) 
「ふるさと納税をされた方のための確定申告書作成の手引き」(地方税電子化協議会)

 
・会社などで年末調整が済んでいる給与所得者の方がふるさと納税をされた場合は、「申告書A【平成26年分以降用・ふるさと納税をされた方専用】」をご利用ください。

 なお、申告書を手書きで作成される際は完成イメージが作成できるexcelプログラム(総務省)を参考にしてください。

ふるさと納税をしていただいた方が地方公共団体から受ける特産品の課税関係について

ふるさと納税をした方が謝礼として特産品を受けた場合の経済的利益は、一時所得に該当します。その年中に他に一時所得に該当するものがあるときには特にご注意ください。

詳しくは、下記ホームページか、税務課市民税係までお尋ねください。

国税庁ホームページ

https://www.nta.go.jp/shiraberu/zeiho-kaishaku/shitsugi/shotoku/02/37.htm

 

※課税関係の問合せは、税務課(☎058-392-1111(内線2237))へお願いします。

ふるさと「羽島」への応援、ありがとうございます。

 

「ふるさとを応援したい!」「ふるさとのために何か貢献したい!」といった皆さんの思いを実現するため、地方公共団体に寄附をされた場合、2,000円を超える部分について一定の限度までは、所得税と個人住民税を控除する寄附金制度(ふるさと納税)が平成20年度からスタートしました。

これまでに寄附をしていただいた方を紹介いたします。
「元気な羽島応援寄附金」寄附者一覧

お問い合わせ

羽島市役所総務部管財課

電話: 058-392-1119 ファックス: 058-394-0025

お問い合わせフォーム


元気な羽島応援寄附金(ふるさと納税)への別ルート